◇“減容・溶解”と“熱分解”の油化エネルギーの分担により、高い処理能力を確保。
◇熱分解速度に同調した材料の自動供給と残渣処理を同時に行うことで、連続性を確保。
◇熱分解槽の加熱方式が高周波なので、投入材料の材質による温度の微妙な調整ができ、効率よい分解が可能。

◇システムの運転状況が一目でわかるグラフィック表示とモニタの採用。
◇熱分解槽の温度設定を、運転中に任意に変更可能。
◇異常が発生した場合は、自動的に加熱が停止。
◇残渣の焼切りがその場で行え、取出す時は 粉末状で作業が容易。

◇温度と圧力の連続監視による 装置の誤動作の排除。
◇槽内への不活性ガス自動封入による 人為的ミスの防止。
◇異常発生の場合、自動的な加熱停止と不活性ガス封入による拡大防止。
◇ 防爆仕様による機器構成と回路の採用による 安全の確保。

◇装置のコンパクト化による ①設置面積の最小化、②熱効率の向上、③運転人区の削減 が実現。
◇制御温度の高精度化による 生成油の分離が可能になり、後処理が容易。
◇加熱源を電気にしたことで、加熱効率がアップすると共に、夜間運転や待機時に最適なパワーだけで維持できる。

◇熱分解槽や残渣槽の蓋が簡単に外せるため、点検が容易
◇生成ガス回路に点検フランジがあり、点検・洗浄が容易
◇操作パネルに履歴が残るので、保守・点検が容易

 

本装置は従来の油化還元装置に対して、以下の点を改良。

 

熱分解槽(逆熱勾配)により連続的に熱分解処理を行うことを可能

◎熱分解温度分布を適正な状態にするため、溶解槽熱分解槽を分離
また、溶解槽と熱分解槽の間に仕切部を設けることにより、2槽を一体化させ、装置のコンパクト化を実現

溶解槽は、開放状態の投入口を備えており、当該投入口のサイズの大きさまでの廃プラスチックは直接投入可能
(必要に応じて、廃プラスチックの減容・粉砕等の前処理を行う。)

◎プラスチックの廃棄物類を効率的に処理:
溶解槽では、廃プラスチックに対しての溶解適正温度で処理を行うため、 連続的に溶解されて液化する。
液化した後、熱分解槽へ自動的に流入し熱分解槽では、熱分解適正温度で処理することにより、連続的にガス化され熱分解が行われる。

◎ガス化した廃プラスチックは炉内で還流し、ガスのみがコンデンサー(冷却装置)へと送られ、速やかに熱交換されて、連続的に凝縮・液化(A重油相当)する。
液化された再生油は製品タンクに自動的に貯えられる。

本装置の機能的な部分(温度調整等)、及び、ガス性状に応じて(塩素等)中和する部分は、自動化している。

>このページの上へ
Copyright (C) 2011 Japan New Energy Development All Rights Reserved.