KDV

2013.8.6~2013.8.11
 ドイツ アルファーカット社を、当社代表取締役 牧野 徹と執行役員 藤野 修二郎の2名で訪問し、  エッペンドルフの社内に新たに建設された自社工場を視察するとともに、同社CEO Dr.コッホ氏と二日間にわたり詳細な打ち合わせを行った。  また、現契約を見直し、日本における販売権をより確実なものにするため、新たな契約を結んだ。

 

2013.6.28
ドイツ アルファーカット社に対し、KDV150を正式に発注する。

 

2013.3.21
富山市森市長とKDVデモプラント事業に関し、当社代表取締役 牧野 徹が事業説明を兼ねた面談を行う。

 

2012.12.19
富山市国際会議場にてKDVデモプラント事業説明会を開催し、県内外から多くの企業の参加を得る。

 

2012.11.06-09
ドイツ、エッペンドルフ アルファカット社において、KDV150を借り切ってオペレーション試験を敢行。その間、アルファカット社が行うセミナーで、全世界からの参加者に当社の試験模様を披露する。

 

2012.6.11
大手建設会社をはじめとした企業と4社間にてKDV技術の実証及び普及を目指した調査検討会を実施する覚書を締結。 富山実証プラントの設計に着手

 
2012.05.25
株式会社MCCとプラスチック油化装置の独占販売契約を締結


2012.04.30
資本金を1400万円に増資

 
2012.04.26
やまと総合環境株式会社とSFクリーン燃焼システムの販売契約を締結。 


2012.04.23
ドイツエッペンドルフ アルファカット社 KDV全プラントの日本国内優先販売契約を締結。


2012.03.01
株式会社伸光テクノスが開発・販売する油化装置・加水分解装置の独占販売契約を締結


2012.04.23
ドイツエッペンドルフ アルファカット社 KDV150視察


 
 人類は、膨大なエネルギーを太陽から受け続けております。この膨大なエネルギーはまだまだ有効利用されているとは言えません。地表に降り注ぐエネルギーは着実に蓄積されており、人類はその利用法にやっと気づき出したところかも知れません。生命を維持する活動の中で、人間は太陽エネルギーを利用して農業を行い、植物を育て、実らせ、作物を収穫しエネルギー化してきました。
 しかし、形を変え物質に変化してしまったエネルギーに関して、果たしてそれを有効利用できていると言えるでしょうか。身の回りの全てのものには、エネルギーが蓄積されているのです。それは、燃料や電気といった直接的なエネルギーばかりではなく、極端に言えば、今まさに捨てられようとしているゴミにも、私たちの排泄物にも多くのエネルギーが蓄積されているのです。
 私たちは、これらのエネルギーを無駄にすることなく、有効に利用してこそ地球のシステムにそった形での文明を築き上げることができると考えます。地表にある全ての物質を効率の良いエネルギー循環のシステムに組み込んでしまうことこそが、今人類がやらねばならない大命題なのです。
>このページの上へ
Copyright (C) 2011 Japan New Energy Development All Rights Reserved.